中日之窗-中日论坛|日本生活社区|留日归国人员论坛

 找回密码
 注册(登録)

QQ登录

只需一步,快速开始

中日品牌联盟 支援中日品牌推广互动-欢迎品牌商家入驻 品牌商家 - 品牌商讯 - 品牌商品 - 品牌团购

日本留学招生 日本留学招生频道正式上线啦 日本留学招生 - 日本留学招生信息

中日交友大厅 有问题?官方QQ群145542155 日本交友中心 - 诚信宣言 - 需要实名认证

查看: 150|回复: 2

[原创] 「ダンスダンスダンス」の翻訳(326)

[复制链接]
发表于 2018-2-13 21:56:53 | 显示全部楼层 |阅读模式

大阪电气通信大学


马上注册,结交更多好友,享用更多功能,让你轻松玩转社区

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?注册(登録) 新浪微博登陆

x
38(5)
僕は長い間目を閉じていた。僕はその静かな暗闇の中で考えをまとめようとしたが駄目だった。なんとか足を踏んばってそこに踏み留まろうとしたが、それ駄目だった。頭の中に記録された世界中の物事や事象が一瞬にしてばらばらにほどけてしまったような気がした。すべてが細かな断片として砕け、飛び散っていた。僕はユキの言ったことをただ単に受け入れた。そのまま信じたわけでもないし、信じなかったわけでもない。ただ僕は心の中に彼女の言葉を自然に滲みこませただけだった。それはあくまで可能性にすぎなかった。しかしその可能性の含んでいる力は圧倒的であり致命的だった。ただ彼女の口にしたその可能性が、この何カ月の問に僕の中に漠然と形成されていたある種の体制をばらばらに吹き飛ばしてしまったのだ。その体制は漠然として暫定的で、厳密に言えば実証性を欠いてはいたものの、それなりに確固とした存在感と均衡を身につけつつあったのだ。でもその存在感も均衡も今ではあとかたもなく消え失せていた。
可能性はあるのだ、と僕は思った。そしてそう思った瞬間に何かが終わったような気がした。とても微妙に、そして決定的に、その何かは終わってしまったのだ。何かとはいったい何だ?でも何も考えたくなかった。あとで考えよう、と僕は思った。でもとにかく、僕はまた孤独になった。雨の砂浜に十三歳の少女と二人で並んで腰かけながら、僕はたまらなく孤独だった。
ユキはそっと僕の手を握った。
ずいぶん長く彼女は僕の手を握っていてくれた。小さな温かい手だったが、何かしら現実のものには思えなかった。その温かい小さな感触は過去の記憶の再現にすぎないように感じられた。記憶なのだ、と僕は思った。温かい。でもそれは何も救うことができないのだ。
「帰ろう」と僕は言った。「家まで送るよ」
僕は彼女を箱根の家まで送った。僕も彼女も口をきかなかった。沈黙が耐えられなかったので、目についたテープをカー?ステレオに入れてかけた。何か音楽が流れたが、それが何の音楽なのかさっぱりわからなかった。僕は運転に意識を集中した。僕は手と足の動きをきちんと把握し、掌握しながら、細かくギヤを変え、注意深くハンドルを握った。ワイパーがかた?かた?かた?かたと単調な音をたてた。
僕はアメに会いたくなかったので、家の階段の下でユキと別れた。
「ねえ」とユキは言った。彼女は運転席の窓の外で、寒そうにしっかりと腕組みをして立っていた。「私の言ったことをそのまま鵜呑みにしないでね。私にはただそれが見えただけなのよ。さっきも言ったように何が確実なことかなんて、私には全然わからないのよ。ねえ、私のことをそれで憎んだりしないでね。あなたに僧まれたりしたら、私どうしようもなくなっちゃうから」

在很长时间内我闭着眼睛。在那寂静的黑暗之中我要整理思考,但是不可行。我想叉开双脚想稳稳地站在那里,却做不到。感觉到脑中所记录的世界中的事情及现象在这一瞬间完全混乱起来。全部变成细碎的片断飞散开来。我只是简单地接受了雪所说的事情。就这么简单地相信不可以,不相信也不可以。也只是把她讲的话自然地渗透到我的心中。那不可能彻底到深处。但是那含有可能性的力量却是压倒性的致命性的。她所讲的那种可能性,把在我心中在几个月的时间里漠然形成的那个体制吹得灰飞烟灭。那个体制是漠然的暂定的,严密地说缺少实证性。但尽管如此有一种坚定的存在感和均衡系于身上。可是那种存在感和均衡在这时不留任何痕迹均荡然无存。
可能性是有的。我这样想。在那样想的瞬间也觉得有什么事情结束了。很微妙地而且决定性地,那件事情结束了。那到底是什么呢?可是也并不想那是什么。以后再想吧。可是我却孤独起来。虽然和一位十三岁的少女两人一起并坐在下雨的沙滩上,但我是难以忍受的孤独。
雪轻轻地握住我的手。
她握我的手握了相当长的时间。虽说是小的温暖的手,却想不到那是现实的东西。那温暖的小的感觉让我感到了过去的记忆不再复现。那是记忆。我想。温暖的。可是它却什么也挽救不了。
“回去吧。”我说。“把你送回家。”
我把她送回到箱根的家。我和她谁也没有说话。因为无法忍受沉默,就把看到的磁带放入立体声中。虽在播放着什么音乐,却完全不明白那是什么音乐。把精力集中到驾驶上。一边良好地控制住把握住手和脚,细心地改换齿轮传动,集中注意力握好方向盘。只是雨刮器咔嗒咔嗒咔嗒咔嗒发出单调的声音。
因为不想见到雨,就在她家下边的台阶上和雪告别。
“那个,”雪说。像是很冷那样她紧紧把着双臂,站在驾驶座窗的外面。“不要囫囵吞枣地处理我讲的事。我也只是简单地发现了那些。就像刚才所说的那样具体什么是真实的,我自己全然不知。所以呢不要因此而憎恨我。假如要是被你憎恨的话,我就不知道如何是好了。”
 楼主| 发表于 2018-2-13 21:59:34 | 显示全部楼层

大阪电气通信大学


男主人公下一步要做什么呢?
怎么揭发他的朋友五反田呢?

发表回复

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册(登録) 新浪微博登陆

本版积分规则

快速回复 返回顶部 返回列表