中日之窗-中日论坛|日本生活社区|留日归国人员论坛

 找回密码
 注册(登録)

QQ登录

只需一步,快速开始

中日品牌联盟 支援中日品牌推广互动-欢迎品牌商家入驻 品牌商家 - 品牌商讯 - 品牌商品 - 品牌团购

日本留学招生 日本留学招生频道正式上线啦 日本留学招生 - 日本留学招生信息

中日交友大厅 有问题?官方QQ群145542155 日本交友中心 - 诚信宣言 - 需要实名认证

查看: 79|回复: 2

[原创] 「ダンスダンスダンス」の翻訳(353)

[复制链接]
发表于 2018-5-1 17:52:16 | 显示全部楼层 |阅读模式

大阪电气通信大学


马上注册,结交更多好友,享用更多功能,让你轻松玩转社区

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?注册(登録)

x
42(3)
「でも君は僕を呼んでいた。だからこそ僕は君に会うためにいるかホテルまで行った。そしてそこから……いろんなことが始まったんだ。前と同じようにね。いろんな人間に会った。いろんな人間が死んだ。ねえ、君は僕を呼んでいたんだろう?そして君が僕を導いたんだろう?」
「そうじゃない。あなたを呼んでいたのはあなた自身なのよ。私はあなた自身の投影に過ぎないのよ。私を通してあなた自身があなたを呼び、あなたを導いていたのよ。あなたは自分の影法師をパートナーとして踊っていたのよ。私はあなたの影に過ぎないのよ」
僕は彼女を絞めているあいだ、これは自分の影なんだと思っていた、と五反田君は言った、この影を殺せば上手くいくんだと思っていた。
「でもどうしてみんなが僕の為に泣くんだろう?」
彼女はそれには答えなかった。彼女はそっと立ちあがって、こつこつと靴音を響かせてやってきて、僕の前に立った。そして床に膝をついて手を伸ばし、指先を僕の唇にあてた。つるりとした細い指だった。彼女はそれから僕のこめかみに指を触れた。
「あなたが泣けないものの為に私たちが泣くのよ」とキキは静かに言った。まるで言い聞かせるようにゆっくりと。「あなたが涙を流せないもののために私たちが涙を流し、あなたが声を上げることのできないもののために私たちが声を上げて泣くのよ」
「君の耳はまだあのままなの?」と僕は訊ねた。
「私の耳は――」と言って彼女はにっこりと笑った。「まだあのままよ。前と同じ」
「もう一度僕に耳を見せてくれないかな?」と僕は言った。「僕はもう一度あの気持ちを味わってみたいんだ。君がいつかレストランで僕に耳を見せてくれた時の、あの、世界が生まれ変わるような気分を。僕はずっとそのことを考えていたんだ」
彼女は首を振った。「いつかね」と彼女は言った。「でも今は駄目。あれはいつでも見られるっていうものではないの。あれは本当に、それに適した時にしか見られないものなの。あの時はそうだった。でも今はそうじゃない。いつかまた見せてあげる。あなたが本当にそれを必要としている時にね」
彼女はまた立ち上がって、天窓からまっすぐに差し込む光の柱の中に入った。
そしてそこにじっと立っていた。強い光の塵の中で、彼女の体は今にも分解して消え失せてしまいそうに見えた。
「ねえ、キキ、君は死んだのかい?」と僕は訊いた。
光の中で彼女はくるりと身を回転させて僕の方を向いた。
「五反田君のこと?」
「そうだよ」と僕は言った。
「五反田君は自分が私を殺したと思っているわ」とキキは言った。

  “可是你在呼叫着我。所以我为了能和你见面就去了海豚宾馆。而且从那里开始,各种各样的事情就开始了。和上次一样的。见到了各种各样的人,各种各样的人也死了。这个,你是在呼叫我吧?而且你还诱导我?”
  “并不是那样。呼叫你的那是你自身。我只不过是你自身的投影罢了。通过我你自身在呼叫自己,自己在诱导自己。你自己把自己的影子当成伙伴演艺着。我只不过是你的影子而已。”
  五反田君曾说,在我勒死她的时候,就把她当成自己的影子。他还想,把影子杀掉之后一切都会很顺利。
  “为什么大家都在为我而哭泣呢?”
  她并没有回答这个问题。她轻轻地站起来,发出咯噔咯噔鞋声走过来,站在我的面前。然后把膝跪到地上伸出手,用指尖碰了一下我的嘴唇。光滑的纤细的手指。接着又用手指触摸了一下我的太阳穴。
  “为了你不哭,我们才为你哭。”奇奇平静地说。为了让听清楚缓慢地说。“为了你不流泪我们才为你流泪,为了你不发出声音我们才发出声音而哭泣的。”
  “你的耳朵还保持原来的模样吗?”我问。
  “你说我的耳朵?”这样一说后她微微一笑。“这个还是原来的模样,和以前相同。”
  “那么不让我再看一次耳朵吗?”我说。“我想再体味一下那样的气氛。你曾经在西餐厅让我看你耳朵的时候,那个世界都发生变化的样子。我一直在想那件事。
  她摇摇头。“曾经有过。”她说。“可是现在不行。不能随便让你看的。只有在合适的时候才能让你看。那个时候正合适。可是现在不行。找时间再给你看。在你真正有必要的时候。”
  她又站了起来,走入到从天窗直射进来的光柱中。
  然后就一直站在那里。让你看到,在强光灰尘之中,她的身体逐渐分解消失下去。
  “那个,奇奇,你真的死了吗?”我问。
  在光柱中她忽然转过身子面向我。
  “有关五反田君的事?”
  “是的。”我说。
  “五反田君认为是他自己把我杀了吗?”奇奇说。
 楼主| 发表于 2018-5-1 17:52:56 | 显示全部楼层

大阪电气通信大学


借他人之口,表达自己的意愿。

发表回复

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册(登録)

本版积分规则

快速回复 返回顶部 返回列表