中日论坛|日本生活社区|留日归国人员论坛

 找回密码
 注册(登録)

QQ登录

只需一步,快速开始

扫一扫,访问微社区

中日品牌联盟 支援中日品牌推广互动-欢迎品牌商家入驻 品牌商家 - 品牌商讯 - 品牌商品 - 品牌团购

日本留学招生 日本留学招生频道正式上线啦 日本留学招生 - 日本留学招生信息

中日交友大厅 有问题?官方QQ群145542155 日本交友中心 - 诚信宣言 - 需要实名认证

查看: 29285|回复: 7

日本のビザについて

[复制链接]
发表于 2007-12-11 18:59:17 | 显示全部楼层 |阅读模式
 

马上注册,结交更多好友,享用更多功能,让你轻松玩转社区

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?注册(登録)

x
皆さんこんにちは。04級の学生さんはこれからビザの申請が始まると思いますが、是非資料をしっかり揃えて間違いの無いように提出してください。

それではまた。
 楼主| 发表于 2007-12-12 23:30:49 | 显示全部楼层
 

これからもっと更新します!

ビザの申請についてわかることを、これからどんどん更新してきますのでよろしく!
 楼主| 发表于 2008-4-15 22:45:08 | 显示全部楼层
 
日本国査証(ビザ)案内
4. 査証の種類と区分について
(1) 査証の種類は
 現在における我が国の査証は、通常、旅券の査証頁欄に貼付するシール型です。
 また、我が国が有効と認めている旅券を所持していない外国人に対しては、在外公館において、渡航証明書を旅券の代わりとして発給し、その証明書へ査証シールを貼付します。

(2) 査証区分及び在留資格別受入れ範囲は
 査証は、それぞれの入国目的に応じ、外交、公用、就業、一般、短期滞在、通過、特定査証の7区分のうち、いずれかの査証が発給されますが、その査証区分、対応する在留資格・在留期間、受入れ範囲は次表のとおりです。

(イ)我が国で一定の活動を行うための在留資格
(a)就労が認められる在留資格

(i)上陸許可に関する法務省令基準(本表(注)参照)の適用を受けないもの

査証区分 対応する在留資格
(在留期間) 本邦において行うことができる活動
外交査証 外交
(外交活動を行う期間)  日本国政府が接受する外国政府の外交使節団若しくは領事機関の構成員、条約若しくは国際慣行により外交使節と同様の特権及び免除を受ける者又はこれらの者と同一の世帯に属する家族の構成員としての活動
公用査証 公用
(公用活動を行う期間)  日本国政府の承認した外国政府若しくは国際機関の公務に従事する者又はその者と同一の世帯に属する家族の構成員としての活動(この表の外交の項の下欄に掲げる活動を除く。)
就業査証 教授
(3年又は1年)  本邦の大学若しくはこれに準ずる機関又は高等専門学校において研究、研究の指導又は教育をする活動
芸術
(3年又は1年)  収入を伴う音楽、美術、文学その他の芸術上の活動(二の表の興行の項の下欄に掲げる活動を除く。)
宗教
(3年又は1年)  外国の宗教団体により本邦に派遣された宗教家の行う布教その他の宗教上の活動
報道
(3年又は1年)  外国の報道機関との契約に基づいて行う取材その他の報道上の活動

(注)上陸許可に係る法務省令基準について

 入管法は、外国人の本邦在留のための基本的な法的枠組みの類型を在留資格として規定すると共に、いくつかの在留資格については、さらに我が国の産業及び国民生活に与える影響その他の事情を勘案して法務省令で定める基準に適合することを上陸許可の要件として定めています。
 この上陸許可の要件が上陸許可に係る法務省令基準であり、「出入国管理及び難民認定法第7条第1項第2号の基準を定める省令」(平成2年5月24日法務省令第16号)によって定められています。(資料1参照)

(ii)上陸許可に関する法務省令基準の適用を受けるもの

査証区分 対応する在留資格
(在留期間) 本邦において行うことができる活動
就業査証 投資・経営
(3年又は1年)  本邦において貿易その他の事業の経営を開始し若しくは本邦におけるこれらの事業に投資してその経営を行い若しくは当該事業の管理に従事し又は本邦においてこれらの事業の経営を開始した外国人(外国法人を含む。以下この項において同じ。)若しくは本邦におけるこれらの事業に投資している外国人に代わつてその経営を行い若しくは当該事業の管理に従事する活動(この表の法律・会計業務の項の下欄に掲げる資格を有しなければ法律上行うことができないこととされている事業の経営若しくは管理に従事する活動を除く。)
法律・会計業務
(3年又は1年)  外国法事務弁護士、外国公認会計士その他法律上資格を有する者が行うこととされている法律又は会計に係る業務に従事する活動
医療
(3年又は1年)  医師、歯科医師その他法律上資格を有する者が行うこととされている医療に係る業務に従事する活動
研究
(3年又は1年)  本邦の公私の機関との契約に基づいて研究を行う業務に従事する活動(一の表の教授の項の下欄に掲げる活動を除く。)
教育
(3年又は1年)  本邦の小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、盲学校、聾学校、養護学校、専修学校又は各種学校若しくは設備及び編制に関してこれに準ずる教育機関において語学教育その他の教育をする活動
技術
(3年又は1年)  本邦の公私の機関との契約に基づいて行う理学、工学その他の自然科学の分野に属する技術又は知識を要する業務に従事する活動(一の表の教授の項の下欄に掲げる活動並びにこの表の投資・経営の項、医療の項から教育の項まで、企業内転勤の項及び興行の項の下欄に掲げる活動を除く。)
人文知識・国際業務
(3年又は1年)  本邦の公私の機関との契約に基づいて行う法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する知識を必要とする業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動(一の表の教授の項、芸術の項及び報道の項の下欄に掲げる活動並びにこの表の投資・経営の項から教育の項まで、企業内転勤の項及び興行の項の下欄に掲げる活動を除く。)
企業内転勤
(3年又は1年)  本邦に本店、支店その他の事業所のある公私の機関の外国にある事業所の職員が本邦にある事業所に期間を定めて転勤して当該事業所において行うこの表の技術の項又は人文知識・国際業務の項の下欄に掲げる活動
興行
(1年、6月 3月又は15日)  演劇、演芸、演奏、スポ―ツ等の興行に係る活動又はその他の芸能活動(この表の投資・経営の項の下欄に掲げる活動を除く。)
技能
(3年又は1年)  本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動

(b)就労が認められない在留資格

(i)上陸許可に関する法務省令基準の適用を受けないもの

査証区分 対応する在留資格
(在留期間) 本邦において行うことができる活動
一般査証 文化活動
(1年又は6月)  収入を伴わない学術上若しくは芸術上の活動又は我が国特有の文化若しくは技芸について専門的な研究を行い若しくは専門家の指導を受けてこれを修得する活動(四の表の留学の項から研修の項までの下欄に掲げる活動を除く。)
短期滞在査証 短期滞在
(90日、30日又は15日)  本邦に短期間滞在して行う観光、保養、スポ―ツ、親族の訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動
通過査証 短期滞在
(15日)  外国から本邦を経由して他の外国に渡航するため短期間(15日)我が国に滞在して出国する活動(本邦滞在中の活動の範囲は、観光、娯楽及び休養の類に限られ、友人、知人、親族訪問の類は含まれない)

(ii)上陸許可に関する法務省令基準の適用を受けるもの

査証区分 対応する在留資格
(在留期間) 本邦において行うことができる活動
一般査証 留学
(2年又は1年)  本邦の大学若しくはこれに準ずる機関、専修学校の専門課程、外国において十二年の学校教育を修了した者に対して本邦の大学に入学するための教育を行う機関又は高等専門学校において教育を受ける活動
就学
(1年又は6月)  本邦の高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)若しくは盲学校、聾学校若しくは養護学校の高等部、専修学校の高等課程若しくは一般課程又は各種学校(この表の留学の項の下欄に規定する機関を除く。)若しくは設備及び編制に関してこれに準ずる教育機関において教育を受ける活動
研修
(1年又は6月)  本邦の公私の機関により受け入れられて行う技術、技能又は知識の修得をする活動(この表の留学の項及び就学の項の下欄に掲げる活動を除く。)
家族滞在
(3年、2年、1年、6月又は3月)  上記の在留資格のうち「留学」、「就学」若しくは「研修」の在留資格をもつて在留する者の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動

(c)就労が認められるかどうかは個々の許可内容によるもの
(上陸許可に関する法務省令基準の適用を受けない)

査証区分 対応する在留資格
(在留期間) 本邦において行うことができる活動
特定査証 特定活動(5年、4年、3年、2年、1年、6月又は1年以内の指定された期間) 法務大臣が個々の外国人について次のイからニまでのいずれかに該当するものとして特に指定する活動

イ. 本邦の公私の機関(高度な専門的知識を必要とする特定の分野に関する研究の効率的推進又はこれに関連する産業の発展に資するものとして法務省令で定める要件に該当する事業活動を行う機関であつて、法務大臣が指定するものに限る。)との契約に基づいて当該機関の施設において当該特定の分野に関する研究、研究の指導若しくは教育をする活動(教育については、大学若しくはこれに準ずる機関又は高等専門学校においてするものに限る。)又は当該活動と併せて当該特定の分野に関する研究、研究の指導若しくは教育と関連する事業を自ら経営する活動

ロ. 本邦の公私の機関(情報処理(情報処理の促進に関する法律(昭和四十五年法律第九十号)第二条第一項に規定する情報処理をいう。以下同じ。)に関する産業の発展に資するものとして法務省令で定める要件に該当する事業活動を行う機関であつて、法務大臣が指定するものに限る。)との契約に基づいて当該機関の事業所(当該機関から労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(昭和六十年法律第八十八号)第二条第二号に規定する派遣労働者として他の機関に派遣される場合にあつては、当該他の機関の事業所)において自然科学又は人文科学の分野に属する技術又は知識を要する情報処理に係る業務に従事する活動

ハ. イ又はロに掲げる活動を行う外国人の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動

ニ. イからハまでに掲げる活動以外の活動


(ロ)我が国での活動に制限のない在留資格
査証区分 対応する在留資格
(在留期間) 本邦において行うことができる活動
(査証としては付与されない) 永住者
(無制限) 法務大臣が永住を認める者
特定査証 日本人の配偶者等
(3年又は1年)  日本人の配偶者若しくは民法(明治二十九年法律第八十九号)第八百十七条の二の規定による特別養子又は日本人の子として出生した者
永住者の配偶者等
(3年又は1年)  永住者の在留資格をもつて在留する者若しくは特別永住者(以下「永住者等」と総称する。)の配偶者又は永住者等の子として本邦で出生しその後引き続き本邦に在留している者
定住者
(3年、1年又は3年以内に指定された期間)  法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者
 楼主| 发表于 2008-4-15 22:47:37 | 显示全部楼层
 
日本各种签证所需材料须知(四种)   




(一) 日本旅游签证须知

至少5人

1.护照原件(有效期在6个月以上)(护照签发地是北京、上海、广东,如果客人现在已为以上三地正式户口,护照签发地为其他省份者,请出示以上三地的户口簿及身份证复印件)

2.照片一张(近期彩照2寸)

3.表格一张(日本国入境签证申请书“团体旅游用”)、(表格右上角注明此人在邀请信中的序号)、(护照上同样贴上序号)

4.日方的招聘保证书、名单表、日程表一套原件及一套复印件(A4纸复印)

送签使馆的第二天开始计算,10个工作日出签证,护照及表格按邀请信中的名单顺序分别排列

注:10人团在出签后,不可消签。如要消签,必出充分的理由证明。

(二) 日本短期商用签证须知

如您办理赴日文化交流、地方政府交流、体育交流及日本国内短期停留.进行商务目的的业务联络、出席会议、商谈、缔结合同、售后服务、宣传、市场调查等短期商务活动。请携带以下材料来中国国际旅行社总社办理。

一:日方出具材料(日文)

1.招聘理由书(邀请单位原则上应为法人、团体、国家、或地方自治体、但例如大学教授在进行公务邀请时可以认定为邀请单位)

2.停留日程表(有到着日、归国日、每天的预定活动、每晚的酒店名称及电话,全程陪同人的姓名及电话)

3.身元保证书(邀请人若为日本国政府中央府省厅的课长或大学教授以上的人并且为业务上的邀请时也可省略。)

4.关于邀请单位的材料

(1)已登记注册的法人单位(法人登记簿?本,发行后3个月以内有效)(如果在日本国内股市上市企业,可用最新版的“会社四季报”上该企业部分的复印件代替)

(2)没有登记注册的单位(公司、团体的概要说明书;大学教授的“在职证明”;简介书或宣传等可说明邀请机关的资料。

以上材料只需一份原件即可

注:日方出具的材料有效期为3个月.

二:中方出具材料:

5.〈营业执照〉复印件 1份(A4纸复印)

6.〈在职证明〉 (需注明从哪年在此公司工作,现任何职和护照号码)一份(A4纸复印)

7.半年以上有效护照,护照签发地不属于北京领区者,需交工作地的暂住证原件(东北三省、江苏、浙江、安徽、上海、福建、广西、广东、海南、四川、成都、重庆不属于北京领馆)

8.离、退休人员需出具离、退休证的复印件(A4纸复印)

9.国家机关、事业单位、国营企业人员持因私护照办理赴日签证,需持有本单位开具 的“为什么持因私护照的理由并同意使用因私护照签证”的证明信(A4纸一正一复)

10. 护照原件,近半年的两寸彩照一张,签证申请表格一张(表格填好后贴上即可) 及健康申报表

三:注意事项:

签证签发在如没有问题的前提下,一般需六个工作日,如材料被返回日本外务省审批,时间不 固定,由邀请人催日本外务省的外国人课 ,电话:0081?03?64022618转外国人课。

本处地址:北京复兴门内大街103号国旅大厦一层公民部日本签证处(地铁复兴门站下,百盛购物中心东侧)电话:66021188-709 或712,66039336签证处 传真: 66030659 邮编:100800

(三) 赴日本探亲访友说明书

一,申请人需准备材料

1、签证申请表 及健康申报表(我社可提供,请填写每一项,并贴两寸彩色照片)

2、亲属关系公证书 (限探亲及携带亲属访友时提交)

3、身份证复印件

4、户口本复印件

5、半年以上有效护照

二,保证人需准备材料

1、身元保证书

2、所得证明书 (需政府机关发行)

3、职业证明 (如:在职证明书或营业许可证等)

1.保证人是日本人时需要提供:住民票正本或机动车驾驶执照正反面复印件

(如果保证人为持三年以上在留资格的非日籍人士时,需要提供:登陆原票记载事项证明书)

2.户籍誉本 (保证人是日籍亲属时需提供)

另:邀请人为留学生,保证人是日方教授或副教授时,上述第二项材料中只需提供:

a 身元保证书

b 在职证明书

三,邀请人需准备材料

1、招聘理由书

2、滞在日程表

3、职业证明 (如: 在职证明书,在学证明书或营业许可证等)

4、住民票正本或机动车驾驶执照正反面复印件

(如果邀请人为非日籍人士时,需要提供:登陆原票记载事项证明书)

另:

1.邀请理由为照看在日亲属的分娩,照顾病人,参加婚礼,考试等时,请另外提

交医院的诊断书,结婚场地预约书,考试通知等相关材料.

2.邀请理由为访友时,请提交能证明申请人与邀请人(保证人)友人关系的材料.

3.国费留学生邀请父母,配偶,子女探亲时,不需要保证人.上述第二项材料可不

提交.只需提交第三项材料,其中外国人国费留学生证明或奖学金受给证明

(材料需注明国费留学生身份,奖学金支付期间及金额)

注:

1、申请人只限于本人亲自来使馆申请或由本使馆指定的机关进行代理申请.

2、以上全部材料有效期为三个月,申请后所有材料一律不退还.

3、保证人与邀请人为同一人时,相同材料可不重复提出

4、个人申请签证受理时间: 周一至周五 下午14:00~16:30

5、北京使馆管辖范围: 北京市、天津市、山东省、陕西省、湖北省、山西省、河南省、云南省、湖南省、河北省、甘肃省、江西省、青海省、贵州省、内蒙古自治区、新疆维吾尔族自治区、宁夏回族自治区、西藏自治区

以上地区居民或在上述地区长期居住的外地人可在北京使馆申请.

注:所有复印件均使用A4纸

中国国际旅行社总社地址:复兴门内大街103号 国旅大厦一层

电话:66021188?709/712 传真:66030659

(四) 持“在留资格认定证明书”使用因私护照赴日者需提交的申请材料

1、护照,签证申请表及健康申报表 各一张,近半年的两寸彩照一张

2、在留资格认定证明书及其复印件

3、婚姻经纬书 (另附格式,只限于在留资格为[日配]的申请)

4、就学生调查表 (另附格式,只限于在留资格为[就学]的申请)

5、合同书复印件及艺历证明书 (只限于在留资格为[兴行]的申请)

6、合同书复印件 (只限于在留资格为[技能]的申请)

7、协议书复印件及待遇概要书复印件 (只限于在留资格为[研修]的申请)

8、 申请人的身份证复印件

9、申请人的户口本复印件

注: 所有复印件均使用A4纸

地址:国旅总社复兴门内大街103号国旅大厦一层签证处

电话:66021188-709或712传真:66030659
发表于 2008-4-16 11:08:44 | 显示全部楼层
 
不错,在留资格申请资料的填写非常重要!一定要认真填写,最好先复印出一份练习填写后,确认所填写的材料准确无误后,再正式填写。
发表于 2008-5-28 01:06:47 | 显示全部楼层
 
本当かわかりませんが、これくらいは、最低限必要でしょう。

签证面试会问到的问题:
 
游客,如果您要查看本帖隐藏内容请回复
 楼主| 发表于 2008-5-29 00:27:21 | 显示全部楼层
 
taka さんありがとう!
发表于 2008-5-29 15:32:49 | 显示全部楼层
 
お疲れ様です。

发表回复

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册(登録)

本版积分规则

快速回复 返回顶部 返回列表