中日论坛|日本生活社区|留日归国人员论坛

 找回密码
 注册(登録)

QQ登录

只需一步,快速开始

扫一扫,访问微社区

中日品牌联盟 支援中日品牌推广互动-欢迎品牌商家入驻 品牌商家 - 品牌商讯 - 品牌商品 - 品牌团购

日本留学招生 日本留学招生频道正式上线啦 日本留学招生 - 日本留学招生信息

中日交友大厅 有问题?官方QQ群145542155 日本交友中心 - 诚信宣言 - 需要实名认证

查看: 41|回复: 1

[原创] 「ダンスダンスダンス」の翻訳(253)

[复制链接]
发表于 2017-12-4 21:11:55 | 显示全部楼层 |阅读模式
 

马上注册,结交更多好友,享用更多功能,让你轻松玩转社区

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?注册(登録)

x
30(10)
僕は入ってきたドアを開けて外に出た。最後に振り返ると、青い闇の中に六体の骨がぼんやりと白く浮かんでいるのが見えた。彼らは今にもすっと起き上がって動きだしそうに見えた。僕がいなくなってしまうのを待ちつづけているように見えた。僕がいなくなるとさっとTVのスイッチがつき、皿の中に温かい料理が戻ってくるのではないか、という気がした。僕は彼らの生活を邪魔しないように静かにそっとドアを閉めて階段を下り、もとのがらんどうのオフィスに戻った。オフィスはさっき見た時のままだった。誰の姿もなかった。床の同じ場所に古新聞が落ちているだけだった。
僕は窓際に寄って下を見下ろしてみた。街灯が白く光り、歩道に沿ってライトバンとピックアップ?トラックが前と同じように駐車していた。人影はなかった。日はすっかり暮れていた。
それから僕は埃のつもった窓枠の上にそれを見つけた。名刺くらいの大きさの紙片で、そこにはボールベンで電話番号とおぼしき七つの数字が書きつけてあった。紙もインクも変色しない程度には新しかった。番号にはまったく覚えがない。裏返してみたが、何も書かれていなかった。ただの白紙だ。
僕はその紙をポケットに入れて廊下に出た。
そして廊下に立って、またしばらくじっと耳を澄ませてみた。
でももう何の物音も聞こえなかった。
全ては死に絶えていた。線を切られてしまった電話機のような完璧な沈黙だった。どこにも行けない沈黙だった。僕はあきらめて階段を下りた。ホールに出てさっきの管理人を捜してみた。あそこがいったい何のオフィスなのか聞いてみようと思ったのだが、彼の姿は見当たらなかった。僕は少しそこで待ってみたのだが、そのうちにだんだんユキのことが心配になってきた。いったい俺はどれくらい彼女を置きっぱなしにしたんだろう、と僕は考えてみた。でもどれくらいの時間が経ったのか、僕には見当がつかなかった。二十分くらいだろうか?あるいは一時間くらいだろうか?薄闇がもう夜に変わっている。そしてあまり環境が良いとは言えない通りに彼女を置いてきてしまったのだ。とにかく引き上げようと僕は思った。これ以上ここにいても仕方ない。
僕はその通りの名前を覚えてから、急いで車を停めたところまで戻った。ユキは不貞腐れた顔でシートに寝そべるようにしてラジオを聴いていた。僕がノックすると顔を上げてドアのロックを外した。
「悪かった」と僕は言った。
「いろんな人が来たわょ。何か怒鳴ったり、窓ガラスを叩いたり、車をゆすったりしたの」と彼女は表情のない声で言った。そしてラジオのスイノチを切った。「すごく怖かった」
「悪かった」

我把进来的门打开,走出去。在最后时我回过头来,看到在那蓝黑之中的六具尸骨模糊地、白生生地浮现在那里。也看出他们现在像要是一下子站起来那样的动作。他们在等待着我的不存在。一旦我不存在电视的开关马上就要打开、盘中的热菜也要脄复原状态吗?为了不打搅他们的生活,静静轻轻地关上门,下楼梯,回到原来的办公室。那办公室和刚才看到的状态一样,没有人影。在地板的相同地方有旧报纸散落在那里。
我靠在窗边向楼下看。街灯都变亮了,沿人行道客货两用车和大卡车和以前一样,还停放在那里。没有人影。天已经完全黑下来。
之后,我在堆满灰尘的窗台上发现了它。一个名片大小的纸片,上面用圆珠笔写有电话号码式的七个数字。那纸和笔水还没有到变色的程度很新鲜。对号码完全没有印象。看了一下背面,什么也没有写。只是白纸。
我把那纸片放入口袋走到走廊。
然后站到走廊,又用心听了一会儿。
可是已经什么声音也听不到了。
已经完全死绝了。就像把电话线切断了那样的电话机一点儿声音也没有了。哪里也不能去的沉静。我死了念头朝楼下走去。走到大厅寻找刚才见过的管理人。想问一问在那里都是些什么办公室。可也并没有碰到他。虽然想在那里等一会儿,但又逐渐开始担心起雪。我把她置之不理到什么程度呢?我这样想了一会儿。还有已经过了多长时间呢?我不好估计。是二十分钟左右或者一小时左右?天色已经由微暗变成晚上。把她却放到了周围环境并不那么好的地方。总之还是应回去了。除此之外呆在这里也没有办法。
因为我记着那条街道的名字,所以很快就回到了车停的地方。雪一脸怄气躺在座位上听着广播。我敲敲门,她抬起头打开车门。
“实在对不起了。”我说。
“各种人都来过了。怒吼着什么,敲打窗玻璃,摇晃车。”她用无表情的声音说。然后关掉收音机开关。“太恐怖了。”
“太对不起了。”
 楼主| 发表于 2017-12-4 21:12:14 | 显示全部楼层
 
主人公很失望。但是那张小纸片有什么作用吗?

发表回复

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册(登録)

本版积分规则

快速回复 返回顶部 返回列表